現在お稽古されている方は、楽しくお稽古に通っていただいています。また、「きもの着つけ技能師」資格取得し師範科修了で卒業された方は、お嬢様やご家族へ着つけをして差し上げたりお仕事としてお客様に喜んでいただけるように自分を高めておられます。

皆様、着つけを習うことで普段の生活の中でお気に入りのきものを着て出掛けたり、より豊かな時間を過ごされています。

 

生徒(卒業生)の皆様からお声をいただきました。


T・F様<現:本科前期>

以前から着物が大好きで、でも「自分では綺麗に着られない、難しい、苦しそう」と思っていました。先生の教室に見学に伺った際、一緒に着付けさせていただき驚きました。「こんなに楽に、綺麗に、スムーズに着付けできるなんて!」   早速 お稽古お願いして帰宅しました。まだ始めたばかりですが、これからが楽しみでワクワクしています。

M・M様<現:師範科後期/資格:着つけ技能師補>

  お稽古の時間は楽しくてあっという間に過ぎてしまいます。初めて自分で着付けが出来た

時の喜びは生涯忘れないでしょう。また、きものの知識が増すと生活に潤いが出て笑顔になり、自然に感謝の気持ちが湧いてきます。実木乃会で学ばせて頂き、良かったと思います♪

S・I様<卒:師範科修了/資格:着つけ技能師>

着付けを習って本当によかったです。きっかけは茶道を始めて自分で着物を着る必要にせまられたからでしたが、世界が広がりました。着物を着て外出するといつもの自分と違いワクワクします。周りの方も丁寧な対応をしてくださる気がします。

今では結婚式や改まった席、お茶会に着物で出かけられるようになりとても重宝しています。30代前半で着付けを習い、結婚式があると和装と決めているので、着る物も迷わず本当に助かっています。

お教室では、楽しく丁寧に着物の知識や着付けを教えていただけて、とても楽しかったです。